生産制限が緩和されず、需要のわずかな改善が重なって、在庫の継続的な在庫削減が促進されます。

建材に関しては、今週、中国北東部、中国東部、中国北西部では設備のオーバーホールによる減少はほとんど見られず、他の地域ではさまざまな程度で生産が増加しています。華北と中国南西部はより顕著に機能しています。その中で、中国北部は、生産制限の実施における厳しさのわずかな調整と南西部での停電の影響によるものです。今週は量が減ったため、全体の供給量はわずかに増加しました。ホットコイルについては、生産を再開したホットコイル会社の割合が前月から大幅に増加し、生産量は3,271,900トンに増加しました。再開された生産地域は中国北部と南西部に集中しており、減少した生産地域は中国中部に集中しています。

建材については、南部が38,000トン、北部が56,700トン減少し、中国東部では累計23,900トン増加した。地域の観点からは、中国南部、中国北部、中国南西部が主な貯水池削減地域です。ホットロールに関しては、南部と北部の地域は前月からそれぞれ6500トンと15,000トン減少しましたが、中国東部は前月からわずかに7,000トン増加しました。全体として、現在の在庫の増加は、主に河南省、江蘇省、湖北省などの資源循環の障害が完全に取り除かれておらず、出荷在庫のペースが鈍化しているという事実によるものですが、残りのほとんどは州は依然として在庫の減少傾向を維持しています。

建材については、鉄筋を例にとると、南部・北部地域が前週比75,900トン、34,900トン減少し、中国東部が前週比17,000トン増加した。現在の華北は前年同期比8.93トン、華東と華南は前年同期比46,400トン、564,800トン減少しています。ホットロールに関しては、中国東部と中国北部は先週からそれぞれ13,800トンと10,600トン減少し、中国南部は先週から25,000トン増加しました。全体として、今週の社会的在庫の減少は先週と比較して拡大しました。堅調な需要が徐々に改善していることに加えて、それは投機的な需要によるものでもあります。一部のトレーダーは、少量の在庫を開始するために主導権を握りました。
今週の5つの主要製品の総在庫は21,347,200トンで、先週から232,700トン減少しました。その中で、建材の在庫は166,200トン減少し、1.2%減少しました。プレートの在庫は66,500トンで、0.9%減少しました。前期の総在庫は2,157万トンで、前週より209,800トン増加しました。その中で、建材在庫は、1.7%減の234,400トン増加しました。プレート在庫は0.3%減の24,600トン減少しました。
包括的な結論]

供給面では、今週は全体の供給量がわずかに回復し、前月比で51,400トンの長尺製品が増加し、49,300トンのプレート生産が増加しました。大規模な減産は主に、需要の減少、鉄鋼価格の下落、鉄鋼企業の利益の減少、頻繁な自然災害などの複数の要因の影響によるものであることを想起し、国の政策制約および生産制限は、市場、および現地生産制限と生産削減計画が連続して実施されています。鉄鋼製品の5つの主要なタイプこの年の間に比較的低いレベルに減少しました。8月中旬に近づくと、無制限の生産、需要マージンの改善、降水災害の管理などの有利な要因の影響、鉄鋼価格の探索的上昇、鉄鋼企業の利益水準の大幅な回復、現在の鉄筋、ホットコイル、プレートの利益はそれぞれ750元/トン、917元/トン、1,115元/トンに達し、鉄鋼会社の生産再開への熱意を刺激しました。しかし、昨年の供給動向から判断すると、2020年8月は下半期にはすでに高水準であり、その後徐々に減産していた。したがって、5つの主要な品種の現在の供給が今年の下半期に比較的正常なレベルに達したということは除外されていません。後期の具体的な生産量の増加は、地域の実施によって異なります。

需要面では、マクロデータの観点から、不動産販売部門の冷え込みが続いており、不動産規制により「詰まり」が増加しており、自動車や掘削機の生産・販売は満足のいくものではありません。いずれも消費が改善していないことを示しているようです。しかし、現在の在庫の変化から判断すると、製鉄所の在庫と市場の在庫は同時に減少しています。規模は大きくなく、鉄鋼消費の明確な傾向はないものの、需要マージンの改善傾向は変わらない可能性が高い。また、国内500社以上のコンクリート会社の出荷状況から、コンクリート会社の出荷量の70%以上が回復しており、スラブの消費を有効にしながら、建設現場の需要は引き続き解放されることがわかります。主に強力な輸出に支えられています。昨年の在庫の変化から判断すると、9月上旬から大幅な在庫切れが発生しています。建国記念日には在庫がわずかに増加しましたが、休日の翌年末まで減少傾向が続きました。今年の政策は生産に多くの制限を課しましたが、国内の堅調な需要予測の可能性はまだあります。したがって、下半期の在庫削減と消費の程度が期待できる。


投稿時間:2021年8月25日